夜泣きがピタっとなくなる?ママとパパを救う改善方法

育児

※月齢4ヶ月までの夜泣きは授乳やミルクで解消することが多いのでこの記事での夜泣きは6ヶ月以降をベースとしています。

どうも!パパ歴2年の新米パパしょたです!

夜泣きって…削られますよね(笑)

毎晩のように夜泣きが続くと心身ともに限界になります。

「あっという間に過ぎるよ、楽しまないと」と先輩方に言われようも、
「今が辛いのに」と素直に激励を受け取れずとことんネガティブに…
うちは夫婦揃って極限まで追い込まれました…

仕方がないもの、いつかは終わるもの、だから今は我慢するしかない。
そう思って諦めかけていたある日、

あるモノを変えただけでピタっと夜泣きが無くなったんです!

原因はベビーベッド?

うちの夜泣きの解消法は、子供の寝場所をベビーベッドから大きな布団に変えることでした。
ここで大切なのが、大きな布団一枚を与えるということです!

ベビーベッドから出して、大きな布団でママとパパと寝る。というわけではなく、大人用の大きな敷布団まるまる一枚を子供の寝場所にしたんです。

でもなぜそれだけで夜泣きが無くなったのか。

夜泣きにはきっかけがあった

あまりの辛さに何か改善方法がないかと夜泣きのタイミングを観察していたところ、あるきっかけをみつけたのです。

それは寝返りのタイミング

しかも寝返りが自由にできない時にスイッチが入ったかのように夜泣きがはじまったんです。

なぜ自由に寝返りがうてなかったか、それはベビーベッドが狭いからです。

それに気付き寝かせる場所を大きな布団に変えた途端、うちの子の夜泣きはピタッとなくなりました。

驚くぐらい寝返りをうちます、笑ってしまうほど縦横無尽に転げ回ります。
朝気付くと布団の上からいなくなり、部屋の角で寝てるぐらいです(笑)

7ヶ月の時点でそれに気付き、それ以降1歳を過ぎた今でも一度も夜泣きをしていません。本当に助かりました。

まとめ

いかがだったでしょうか?

これはあくまでしょた家の改善策であって、全てのご家庭のお子様にあてはまるものではありません。

【ダメ元でやってみるか】
【騙されたと思って布団に寝かせてみよ】
【藁をもすがりたいからやる!】

そんな感じでいいので夜泣きに悩まされているママパパがいらっしゃれば少しでもお力になれれば嬉しいです。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました