Apple Watchのバンド選びで注意すべきたった1つのこと

その他

ども!しょたです!
今日はApple Watchのバンドを選ぶ際の注意点をお伝えいたします!

これは私の実体験を元にしたものなので
少しでも多くの方に役立てていただけたら幸い!

では参りましょう!

スポンサーリンク

コンパチブルタイプにはご注意を

Apple Watchの数あるバンドの中でも特に人気なのが【コンパチブル】タイプバンド
デザインもシンプルで、腕への着脱も非常にラク!
そして手首のサイズを選ばずどんなサイズにも対応できるのが人気の秘訣です。

でもそんなコンパチブルバンドにも弱点がありました…
先ずは画像をご覧ください。


見ていただいた通り、長袖を着た時にこうなってしまう可能性が高いです。
腕につけて2時間半後の状態です。

3枚ほど手首の部分がボロボロになってしまいました。
ちなみに1枚6,990円のワイシャツです(笑)

1枚目をボロボロにされた時点で対策しろよって感じですけど
このコンパチブルバンドが気に入りすぎて他のバンドをつける気になれませんでした(笑)

そのぐらい素晴らしいバンドだと思います!
この手首問題を除けば!

ほつれやすい素材

もちろん全ての長袖がああなるわけではありません。
実際私の持っているワイシャツでも、ほつれるタイプと、そうでないタイプがあります。

ワイシャツなんかは安いモノの方がほつれないですね!
1,990円のワイシャツは袖が硬いというか、パリパリしているので、そういったタイプはほつれないと思います。

当然、ワイシャツ以外にも、女性は柔らかい素材の服を着るかたも多いと思うので
そういった方は注意が必要です。

お気に入りの服がほつれる前にバンドを替えることをオススメします。

おすすめバンド

ここからは私も使っている
コンパチブルのかわりになるであろうバンドをご紹介いたします。

オススメ①

先ずはコチラ!
コンパチブルはコンパチブルでも、こちらはナイロン素材なので、
洋服に絡まらないタイプになっています。
使い勝手も全く問題ないですよ。

オススメ②

こちらは女性向けのものですが、
デザインがとてもシンプルで、つけ心地もバッチリです。

チェーンの部分が少し長く、気になる方は
クルクルとバンドに巻いてしまえば問題ありません。
私もそうしています。
Apple製品につけるものなだけに、シンプルさを求める方には1番おすすめです。

オススメ③

こちらも人気のバンドですが、やはり人気な理由がわかる一品です!
Apple Watchを購入したさいに同梱されていたバンドに似ていますが
全く違うといっても過言ではない作りです。
これは一見の価値、一着の価値ありです!

まとめ

いかがだったでしょうか。
コンパチブルバンドのデメリットと、おすすめのバンドを少しだけご紹介させていただきました。

少しでも参考にしていただければと思います!

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました